fc2ブログ

《黒い砂漠》@第十日目

<a href="https://blogranking.fc2.com/in.php?id=1043195" target="_blank"><img src="https://static.fc2.com/blogranking/ranking_banner/c_01.gif"></a>

スポンサーサイト



《黒い砂漠》@第九日目「狩猟のあり方」

屋根の上で変な音がしてると思ったら 誰かがカモメを撃ち落としていた。私も早速銃を手に入れて撃ってみる。

「お~! 結構面白いじゃない?」

『・・(今度は狩猟ごっごですか!)・・』

・・・・・

「フェルナンド~ もぅカモメ撃ち飽きたよ~~!」

『早いですよ!もぅですか~?(この飽きっぽさ 流石です!)』

「手ごたえが無さすぎなのよねぇ~ つまらない!」

『んじゃ少しは骨のある奴でも狙いに行きますか!』

2019-07-05_38415127.jpg


「今度はキツネね! うふふっ覚悟なさい!!」 

『お嬢様 充分注意してくださいよ?・・(はてさて どうなる事やら・・少し楽しみですね!)・・』

「キツネにしてはちょと大きいけど 私の手にかかればイチコロよ!」

カモメほど動かないし簡単簡単! よ~~く狙って・・・

2019-07-05_39581034.jpg

「!!! 何よ何よ! きゃ~っ こっち来ないで~!!」

カモメみたいに1発では倒せなかった。しかも逆襲してくる!

2019-07-06_33091542.jpg

『お お嬢様! こっちに来ないでくださ~い! オレ様まで巻き込まないで~・・』

「フェルナンド~~ 黙って暫く私の盾になってネ~~^^」

『ギャ~~ッ! (やっぱりコレはイジメだぁ~~)・・』

「ほらっ動いちゃダメ!フェルナンド!誤射しちゃうよ?」

『止めて~!銃口こっち向けないでくださ~い!・・(イジメだ~イジメだ~)・・』


<a href="https://blogranking.fc2.com/in.php?id=1043195" target="_blank"><img src="https://static.fc2.com/blogranking/ranking_banner/c_02.gif"></a>

《黒い砂漠》@第八日目「空中散歩・・」

ぼ~っと釣りをしながら空を眺めていると・・ 何か大きいモノがゆっくりと飛んでいる・・

「あれ何だろう・・? フェルナンド~あれ何??」

『ん? あ~あれはグリフォンですな! ああやってイリア島へ物資を運んでるんですよ!』

「私も乗ってみた~い!」

『そうは言われましても・・そもそも人員を運ぶモノではないんでね~ 乗れるかどうか・・』


2019-07-03_38552357.jpg

「大丈夫だってよ! ロバのフェルナンドは無理だけどね。」

『行動はや!・・(てかオレ様も一緒に行かせるつもりだったのか? 助かった~~)・・』

2019-07-03_38736341.jpg

「んじゃフェルナンド~ ちょと行って来るね~ 待っててよ?」

『はいはい!行ってらっしゃいませ! ホッ・・』

2019-07-03_38797808.jpg2019-07-03_38812742.jpg2019-07-03_38985275.jpg

「あれがイリア島ね! なかなか大きな島じゃない?」


「ふ~~っ・・天気も良くて楽しかった~!」

『それはようございましたな!』

「次はフェルナンドも一緒に行きましょうね!」

『いやいや無理ですって~・・(これはイジメなのか?何か気に触る事でもしたかなぁ~?)・・』


<a href="https://blogranking.fc2.com/in.php?id=1043195" target="_blank"><img src="https://static.fc2.com/blogranking/ranking_banner/c_01.gif"></a>

《黒い砂漠》@第七日目「船長の命令は絶対!」

宝箱のお陰でお金も貯まり遂に買ってしまった! クルーザー!!(単なる漁船)

これで一文無し! しかも少しお金が足りなかった・・


2019-07-02_24523283.jpg

「フェルナンド~ こっちこっち!」

『な~!! な な・・まさか・・』

「えへへ~っ 買っちった! グレートクルーザー【るる号】!」

『!!・・(グハ~~ 金使いが粗いのは知ってたが まさかここまでとは)・・』

「お金の事なら心配しないで! あと2~3回金ピカシーラカンスを出せばいいんだからネ!」

『なんと!(しかもローンで買ったのか?この世間知らずのお嬢様はアホすぎる!)・・』


「んじゃ~出航準備~~!」

『んでお嬢様? どちらまで行かれるので?』

「んん~ どこにしよか?ってアンタも行くのよ?早く乗りなさい!!」

『んげ!マジですか?・・(簡便してくださ~~い!)・・』


2019-07-02_18330806.jpg

「うわ~ やっぱ気持ちイイね~フェルナンド!!」

『マジで怖いんですけど・・お嬢様?あまり揺らさないで・・・』

「あっはっは~! フェルナンド面白~~い!!」

『ガクガクブルブル・・(こちとら 笑い事じゃありません!)・・』

《黒い砂漠》@第六日目「カルフェオンだ~!」

あちこちへと伸びる街道をみて ふと思った。
「こっちはベリア あっちの奥はグリッシー村・・・」
『ほぉ!お嬢様もやっと地理がわかってきた様ですな!』
「んじゃ フェルナンド・・ そっち行くと何処??」
『はい! そっちは大都市【カルフェオン】があります。』
「【大都市】! キャリアウーマンな私にとってそそる名前ね! んじゃ早速連れてってちょうだい!!」
『・・(いったいどこをどう見てキャリアウーマンだななんて思えるんだか・・)・・』

2019-07-01_28783171.jpg
「フェルナンド~・・ カルフェオンはまだなの~? 眠くなってきちゃった・・」
『ベリア⇔ハイデルの比じゃないです。凄っく遠いんですぜ? 下手すると今日中に着けるかどうか・・』
「野宿はイヤよ? どこか農場とかで泊まりましょ?」

2019-07-01_39964330.jpg
「人がいっぱ~~い! あ?あれれ?もしかして あれがゾウさん??」
『そうですな! あれで砦とかに突っ込んで暴れまくるんですよ!』
「そう・・ 戦争の道具になっちゃったのね~・・ フェルナンドはロバで良かった~!」
『・・(まぁほとんどお嬢様のお抱えタクシーですけどね~)・・』
プロフィール

seserara

Author:seserara
黒い砂漠の世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
サブジャンルランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR